ブログ(菅原 靖司)

2020.10.25/blog

昔の話⑤(2020.10.25)

 

続きを書くのすっかり忘れてました。

ジムのオープニングスタッフでミーティングをやるとの事で、2回目の竹の塚。
どんな人達と一緒に働くのかな?と思いながらジムへ行き、少し待つと何名かが集まった。
会長とジム4階の寮になる予定の場所でミーティングを始めました。(当時は4階建てのビルでした)

齊田会長、飯村さん、小野さん、渡辺清さん、吉川さん、木村さん、関賢さん、受付の女の人(名前忘れた)と私の9名だったと思います。

実はこの時、私はジムの社員としてトレーナーになれるものだと勝手に思い込んでました。

ミーティングをしているうちに、

「あ、俺バイトなんだ。」と分かり、
自分の中でボクシングのトレーナーとして生活していくつもりで、当時のバイト先、彼女(今の嫁)には結構気合い入れて話していたんだけど、恥ずかしくなりました。


ミーティング後、スタッフで飲み会。
初めて会う人ばかりで、しかも当時はビールをが好きではなく、あま〜いお酒(カシスオレンジなど)しか飲めなかった。
歳もメンバーの中で1番若かった。
みんなビールばっか飲むからみんなに合わせて飲み、かなり酔っ払う。


私は覚えてないですが、この時会長に絡んで、

『俺は時給いくらもらえるんだ?』など生意気に言っていたとの事。

散々飲んで、終電を逃し、駅の近くの銀行の自転車置き場で寝て、始発まで過ごしました。

この時なのか、飲んでいる際なのか分からないですが、ミーティングで使用したマル秘資料を全て無くしている事に全く気づく事なくその後1か月が経ちました。

つづく。ってどこまで書けばいいのか分かんなくなってきた。