開催日2022年12月2日(金)
所属選手上原 柊人
対戦相手秋岡 力(横田S)
試合結果判定3-0 勝ち
上原 柊人

最初の2分はお互いに警戒してか手数が少なかったが、上原が右から切り込むと単発の右ストレートをヒット。クリーンヒットを奪いたい秋岡だが、後手に回ってしまう。3回、上原は思い切りの良い右オーバーハンドで顔を弾くと優勢に試合を進めた。最終4回、上原はガードを固めながらプレスをかけてワンツー、左フックを好打し攻勢をアピールした。フルマークの判定勝ちで上原がデビュー戦を飾った。

開催日2022年12月2日(金)
所属選手小須田 優衣雅
対戦相手甲斐 進也(石橋)
試合結果判定3-0 勝ち
小須田 優衣雅

昨年11月以来の再戦(引き分け)は、小須田が上下に打ち分けリズム感のある攻撃を見せると、ラウンド終盤に右ストレートでガクッと腰を沈めさせた。2回、甲斐はテンポをずらした右ストレートで反撃。小須田はジャブから丁寧に組み立てた。3回、小須田はフェイントを入れてからの右ボディストレートを好打すると、コンビネーションで攻め立てポイントを加点。最後まで主導権を渡さなかった。

開催日2022年12月2日(金)
所属選手関根 駿
対戦相手末吉 史明(FUKUOKA)
試合結果5R 0分 34秒 TKO
関根 駿

関根がガードを固めながらプレスをかけて右ボディストレートをヒットするとコンパクトなコンビネーションで積極的な攻撃を展開。2回、末吉は右ストレートから切り込むが、関根はボディ攻撃で体力を削り消耗させた。3回も関根のラウンド。しつこくボディを叩きジワジワと攻め立てた。勝負が決まったのは5回。関根はボディからショートアッパーで後退させると防戦一方になった末吉を見てレフェリーが割って入った。

開催日2022年11月29日(火)
所属選手久保 龍助
対戦相手黒澤 大海(高崎)
試合結果判定3-0 勝ち
久保 龍助

デビュー戦同士の一戦は初回、足を使いジャブからワンツーへ繋げる久保に対し、黒澤はジリジリと前に出て右を強振。2回、久保は相手の打ち終わりに右ストレートを好打。ガードを固めて前進する黒澤をジャブで突き放し距離を保ちながらヒットを重ねた。最終4回も久保の右ストレートが光った。有効打で上回った久保が勝利した。

開催日2022年11月29日(火)
所属選手早川 蓮
対戦相手尾川 裕ニ郎(EBISU)
試合結果判定0-2 負け
早川 蓮

サークリングしながらジャブを飛ばす尾川に対し、早川はステップを刻みながらワンツーで顔を弾くとプレスをかけてワンツーを好打。2回、尾川は左ボディを突き刺すが、早川はショート連打で応戦。尾川の左ボディの見栄えがいい。3回、尾川は足を使いながら単発の左ボディをヒット。早川はパンチの精度が落ちてきたか。4回、早川はジリジリと距離を詰めて豊富な手数で攻め立てるが、尾川も懸命にパンチを返した。接戦を制した尾川が3戦目でうれしい初勝利を挙げた。

開催日2022年11月5日(土)
所属選手井上 岳志
対戦相手天熊丸木 凌介(天熊丸木)
試合結果6R 2分 31秒 TKO
井上 岳志

空位のWBO-AP王座とOPBF王座を懸けて、元王者の井上と日本3位の天熊丸木が争った。初回、井上は鋭い踏み込みから右フックをヒット。ジャブを返した天熊丸木だが後手に回った印象。2回、井上は前後の動きを意識しながらジャブからワンツーを好打。ジワリジワリとプレスをかけると、力強い右フックを叩きつけてガード越しでもダメージを与えた。4回、井上は右オーバーハンドで左目上を切り裂くと上下に打ち分け攻勢。5回、井上は右スィング、左ボディで効かせるとフィニッシュを狙いパンチをまとめる。劣勢の天熊丸木は必死にパンチを返し執念を見せた。6回も井上は攻撃の手を緩めず。コーナーに詰めて連打から右フックで顔を弾くとダメージを考量したレフェリーが割って入った。井上がスーパーウェルター級2冠王者に輝いた。

開催日2022年11月5日(土)
所属選手竹迫 司登
対戦相手ユ ギョンモ(韓国)
試合結果3R 2分 51秒 TKO
竹迫 司登

OPBFミドル級王者の竹迫の初防衛戦。開始から竹迫がガードを固めながらジリジリと距離を詰めて右を強振。ユも負けじと左右フックを返す。セコンドから「ジャブからいけ」と指示が出ると竹迫はジャブを突きながらじっくりと攻めた。2回、竹迫はジャブから左ボディを好打。しかし、タフなユもショートアッパーで応戦。3回、竹迫は左を軸に丁寧に組み立てるとワンツーをヒット。被弾したユだがダメージを感じさせながらも粘り強さを見せる。すると竹迫の右ストレートがジャストミート! グニャリと倒れたユを見てレフェリーはノーカウントで試合をストップした。竹迫が強打を爆発させてV1に成功した。リング上でマイクを握った竹迫はWBOアジアパシフィック同級王者の能嶋宏弥(薬師寺)との王座統一戦を熱望した。

開催日2022年11月5日(土)
所属選手長谷川 慎之介
対戦相手スラシット クリンケーソン(タイ)
試合結果3R 1分 2秒 KO
長谷川 慎之介

サウスポー同士の一戦は、長谷川がジャブを突きながら距離を詰めると左クロスから右フックを決めてダウンを演出。再開後は攻め急がずジャブから組み立てた。2回、長谷川は左オーバーハンドで2度目のダウンをゲット。勝負が決まったのは3回。長谷川はジャブで再び倒すと、ここも立ち上がったスラシットだがレフェリーは10カウントを聞かせた。

開催日2022年11月5日(土)
所属選手森 朝登
対戦相手鈴木 敬祥(帝拳)
試合結果判定0-2 勝ち
森 朝登

サウスポー森がジャブからワンツーで仕掛けるが、鈴木は打ち終わりにシャープな右ストレートをヒット。初回は鈴木の見栄えが上回った印象。2回、左ストレートに繋げたい森はプレスをかけて積極的な攻撃。3~4回は森が距離を詰めて鈴木が迎え撃つ展開。5回、鈴木は右ストレートを叩きつけるとステップインから左フックを好打。ラウンド終盤、森はボディにパンチを集めて意地を見せた。6回、森は左ボディストレートから左右をまとめて攻勢。ショート連打で優勢を印象付けた。ジャッジ2者の支持を得た森が勝利した。

開催日2022年11月5日(土)
所属選手坂間 叶夢
対戦相手リー ハンソル(韓国)
試合結果1R 2分 4秒 TKO
坂間 叶夢

間が緩急をつけたジャブで距離とタイミングを測るとワンツーをヒット。距離を掴み左フックから右をフォローしダウンを先取。再開後、ジャブから打ち下ろしの右ストレートで倒しレフェリーストップに持ち込んだ。坂間が韓国スーパーフライ級3位のリーを豪快に倒した。

開催日2022年11月1日(火)
所属選手沼田 康生
対戦相手エクセルジェームス ジュニア(DANGAN越谷)
試合結果判定0-3負け
沼田 康生

沼田が長いリーチを活かし左を突いて出鼻を挫くと、右ストレートで迎え撃ち幸先の良いスタート。2回、強引に打って出たエクセルは左右フックをヒット。エクセルは左フックで効かせると沼田はもつれるように倒れる。レフェリーはスリップとしたが、インターバル中にダウンに訂正した。3回、エクセルは距離を潰して右アッパーから右フックで顔を弾きジャッジに攻勢をアピール。冷静に挽回したい沼田は4回ワンツー連打で反撃。しかし、ダウンを奪うまでには至らなかった。

開催日2022年10月3日(月)
所属選手小須田 優衣雅
対戦相手矢作 海(角海老宝石)
試合結果判定2-0 勝ち
小須田 優衣雅

小須田がシャープな左から組み立てるのに対し、矢作は押し込みながら左ボディで対抗。2回、小須田はワンツー、左ボディを突き刺しヒットを重ねるが、矢作はしつこく前進。負けん気の強さを見せた。3回も矢作は間合いを詰めてボディに細かくパンチを集めて反撃。4回、小須田は左フックでグラつかせてチャンス到来。しかし、ここも耐えた矢作は豊富な手数を繰り出した。有効打で上回った小須田がジャッジ2者の支持を得た。