ブログ(竹迫 司登)

2020.11.12/blog

11月7日の試合について(2020.11.12)

 

皆様ご存知の事かと思いますが、

11月7日の試合を肩甲下筋筋損傷で棄権しました。

今回の興行の各関係者の皆様
応援してくださる皆様
相手選手やジムの関係者の皆様

ご迷惑をおかけし大変申し訳ありませんでした。

沢山のサポートや応援、関係者の皆様のご協力の上に
成り立つ興行のメインに穴を開けてしまった事を大変反省しています。

コロナウイルスが流行し、いままでの日常のように
試合を迎える事ができなくなり

試合をする事が簡単ではないこと、
僕一人じゃ何もできない事を再確認しました。

そして応援していただけるからこそ、
興行で試合ができる事に更に感謝していました。

そのような中、やっとの思いで決まった10ヶ月ぶりの試合。
たくさんの方にチケットをお求めいただき気合も入り順調に進んでいただけに
このような形でその思いに応えられなかったことが何より悔しい気持ちです。

スポーツ選手には怪我はつきものというあたたかいお言葉もいただきましたが、

プロとして自己管理をする事は当たり前の事であり
それもまた一流選手になるには更に大切な事だと思います。

この事態でどのような状況になったかを
深刻に受け止めて反省をし二度と繰り返さない為に
自分の体とよく向き合っていきます。

どんな状況であろうと今だけにとらわれず
自分の目標は世界をとる事なので、
この経験が自分のこれからに生きるように

一先ずは

応援してくださる皆様に必ず最高の復活劇をお見せできるよう前向きに治療に専念致します。

画像はボクシングモバイル様より引用ささていただきましま、